<   2014年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

鶏団子の鍋

a0121276_2311452.jpg

つみれや団子をふたつのスプーンを使ってコネコネ丸くするのが楽しいです。鍋に入れるときはふわふわにしたいので、卵と片栗粉を入れてよく混ぜます。
青魚のつみれは生姜と味噌をきかせて。鶏団子はシンプルに、胡麻油と塩味で。

〈今回のレシピ、鶏団子〉
鶏ひき肉(卵1個に対して300gくらい)
ネギ

片栗粉
酒少々
胡麻油少々


〈つくりかた〉
ひき肉に、みじん切りしたネギと、その他の材料を全部入れてよく混ぜる。
粘り気が出てくるまでしっかりと。
鍋に入れるタイミングは、鍋の出汁が煮立ってから。
スプーンふたつで成型するか、胡麻油を塗った手で一掴み握って親指と人差し指を丸くしたところから絞り出すようにするか。
by ai_indigo | 2014-11-25 22:48 | 料理とお菓子

アーモンドペーストとバナナのトースト

a0121276_1330305.jpg

広尾にあるナショナル麻布というスーパーマーケットで、その場でナッツを挽いてペーストにしてくれるサービスがあるそう。以前友人が持ってきてくれたアーモンドペーストももうすぐなくなりそうなので、ちょうど健診で近くの病院に行くこともあるし、買いに行ってみような。

〈今回のレシピ〉
パン
バナナ
アーモンドペースト
黒糖(粉末)

〈つくりかた〉
トーストをカリカリに焼く。
アーモンドペーストを塗る。
バナナを切って並べる。バナナは完熟のほうがえぐみが少なくて合うと思います。
黒糖をふる。

濃く出したアールグレイにミルクを足したものがとてもよく合いました。
by ai_indigo | 2014-11-22 13:22 | 料理とお菓子

ローストポーク、ルクルーゼで

a0121276_23512015.jpg

このローストポークに使ったルクルーゼは10年以上前に当時付き合っていた人からもらった古参の鍋。ココットロンドの18cmです。かなり古くなって年季がでてきて、自分の鍋として手にしっくりくるようになりました。内側はもう白くないし、周りも落ちない汚れがあるけれど、自分だけの鍋になってきた気がするのです。
余談ですがわたしは人の痣や傷跡が好きです。その人にしかない、その人の歴史。そのときの思い出。その名残り。消えないからいいものもある。
この気持ち、あんまり人に共感してもらえないのだけれど。

〈今回のレシピ〉
肩ロース
にんにく
ローズマリー(フレッシュ)
タイム(フレッシュ)
じゃがいも
かぶ
れんこん

〈つくりかた〉
肩ロースは塩をしてキッチンペーパーで包んでからラップして冷蔵庫で休ませておく。
ルクルーゼをコンロにかけて多めのオリーブオイル、つぶしたにんにく数片。
そこに肩ロースを入れ全面に焼き色をつける。
肩ロースを取り出して、じゃがいもを入れて軽く揚げ焼きする。
余分なオリーブオイルをキッチンペーパーで吸って処分して、火を止めた鍋にじゃがいもを敷くようにして上に肩ロースを戻す。肩ロースの上にはローズマリーとタイムを。
周囲にれんこんとかぶを並べて蓋を閉め、190度のオーブンで40分。
by ai_indigo | 2014-11-21 23:31 | 料理とお菓子

豚肩ロースのポトフ

a0121276_054517.jpg

冬に近づくと出番が増えてくるルクルーゼですが、ポトフみたいにゆったり煮る料理には本当にぴったりです。しっとりじっくり、な味になります。
たくさん野菜を入れたいので、使ったのは大きめのオーバルです。ポトフは余ればカレーにもシチューにもアレンジがきくので、たくさん作っちゃう。
マイユの粒マスタードで食べます。柚子胡椒でもおいしいです。

〈今回のレシピ〉
豚肩ロース 250gくらい
(塩をまぶしてフレッシュなローズマリーとタイムと一緒に寝かしておく)

じゃがいも 2個
たまねぎ 1個
セロリ 1本
キャベツ 8分の1
にんじん 1本

水 鍋の半分
白ワイン 半カップ
日本酒 半カップ
ローリエ 1枚
塩 様子みながら
胡椒 粒のまま適宜

〈つくりかた〉
水分とローリエ、胡椒を煮たてて、豚肉と野菜を入れる。あくをとりながら塩で味をととのえる。
弱めの中火でもういちど煮たったら、蓋を閉じて弱火で1時間。そのまま火を止めて1時間。
by ai_indigo | 2014-11-19 00:43 | 料理とお菓子

水切りヨーグルトを使ったチーズケーキ

a0121276_040158.jpg


チーズケーキは、レア、ベイクド、スフレ、いろいろあるけれど、やっぱり濃厚に焼き上げたベイクドはお酒にも合うし一番好きです。
混ぜて焼くだけ、という手軽さも魅力。
フルーツソースやジャム、はちみつ、メープルシロップなどで食べるときに甘さを少し追加するのが好きなので、材料は砂糖控えめで作ることが多いです。

なかしましほさんの『ちいさなレシピを1ダース』の中から、ヨーグルトチーズケーキを焼きました。
レシピどおり丸い型で焼くのもいいけど、冷蔵庫に入れて冷やすにはホーローバットが便利です。粗熱がとれたら、そのまま蓋をしておけばいいし。
甘さ控えめでヨーグルトの風味が強いからレモンや柚子の皮をすりおろして入れたら良いかもしれない。

〈今回のレシピ〉
重さ半分まで水切りしたブルガリアヨーグルト 200g
雪印のクリームチーズ 100g
なかざわの生クリーム 100cc
きび砂糖 60g
たまご 1個
薄力粉 大さじ2

〈つくりかた〉
上から順番にフードプロセッサーに入れてががーっと回していく。
クッキングシートを敷いたホーローバットに流し入れて160度で1時間。
by ai_indigo | 2014-11-19 00:21 | 料理とお菓子

産休に詠む 5

ボコボコと自由に動き始めるきみわたしが何を考えていても
by ai_indigo | 2014-11-09 02:04 | 女性として(妊娠中)

産休に詠む 4

逆さまで頭骨重ねて肩も外して回転しながら会いにくるのか
by ai_indigo | 2014-11-08 13:42 | 女性として(妊娠中)

産休に詠む 3

代われない大事な仕事だと送り出される少し孤独だライカ犬みたいに
by ai_indigo | 2014-11-08 12:17 | 女性として(妊娠中)

産休に詠む 2

桜の頃たったひとつの細胞だったきみの分裂天文学的
by ai_indigo | 2014-11-08 11:29 | 女性として(妊娠中)

産休に詠む 1

盛りあがり波打つオナカの中の感触わたしは生きてるきみも生きてる
by ai_indigo | 2014-11-08 11:24 | 女性として(妊娠中)