<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

理学療法士の仕事は平等?(マタニティハラスメントの最高裁弁論によせて)

理学療法士、女性、妊娠、ということで、ニュースでも取り沙汰されてるマタニティハラスメントの話に思うところを。ニュースベースの話なので、詳しくはわからないことを承知の上で。(最高裁で継続されてるとこを見ると、一審二審とは違う見解になるんだろう。)


まず、病院内での理学療法士の仕事は体力仕事であることが多く、患者との対峙もマンツーマンのことが多いから、妊娠中にフルで継続するのは不可能。

つぎに、病院勤務の理学療法士はそもそも通常はその他業界以上に男女が平等に扱われやすい仕事。客観的にも主観的にも。なぜなら時間単位の診療報酬で個人の性別、能力、才能に関わらず働いた量だけ病院に還元されるから。この点はほかの医療職ともちょっと違う。またこれについては別の論点でかなり問題があるけど、とりあえず。

これらのシンプルな事実だけ考えても、身体的に同じ量働けるということが前提で成立している平等性が、本来の平等とは少し違っているということ、が実際的に問題になったいい例だと思う。


会社のパソコンベースの仕事だと、この視点は曖昧になりがちだと思う。なぜなら、体力の意味するところは就業時間がメインであって、時間的なコントロールがイコール管理者側が行うべき配慮になるから。この場合、管理者側は役割を形にすることが簡単だ。配慮を受ける側も、自分の仕事を時間の意味でコントロールすべきことが明確なのでわかりやすい。(そんな単純ではないけどとりあえず。)

でも、仕事自体が力仕事を含めた体力と引き換えである場合、管理者側の視点で何を持って平等を図るかはかなり難しい。そして、被雇用者側にとっても、自分がどのようにそれ以外の方法で職場に貢献できるのかが、わからない。実際、もしわたしがいま急性期病院の現場にいたら、専門職としての技術を活かせずに何のために存在しているのかをかなり真剣に悩むと思う。悩んだ末に一旦辞めるかもしれない。そこに逃避の気持ちは全く無く、専門職としてのプライドが維持できないというが理由で。

(ちなみに今回の事例では、女性は管理職でもあった。もちろん組織業務としては理学療法士にも事務仕事は存在するし、専門職集団なのでその統括管理はなかなか大変(だとわたしは思う)。副主任、主任、と言った場合、ヒラとの違いはそこの仕事をするかどうか、というのが一般的なので、部署を移動したといってもやるべきことはあったと思う。)

通常、間違いなく男女が平等に扱われてる仕事(ただし体力仕事)において、女性が妊娠をした場合。
こういう例ってなかなかない。論点は単純に、妊娠しても平等に扱ってもらえるかどうか。妊娠がキャリアのハードルにならないか。

最高裁まであがってきたからには、せめて法律の範囲内で、平等が護られることを望みます。

でもきっと、妊娠のために身体で働けなくなって、担当の患者さんを持てなくなった悔しさは、キャリアのことなんかよりも当事者の彼女を苦しめていると思うよ。

↓いつまでリンクが有効かはわかりませんが念のため。
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDG18H13_U4A900C1CR8000/
by ai_indigo | 2014-09-19 07:38 | PTとして

心が狭いのかしら

a0121276_19215878.jpg

自分なりの仕事のスタイルがあって、それはとても単純なのだけど(いやそれはスタイルと呼べるほどのものではないと言われたら何も反論できないのだけれど)、とにかく、今よりも来年いい仕事ができるように周りの上司•同僚のいいところをできるだけ見習って、自分で似たように実践するにはどういう色付けかたが相応しいか考えるように、いつも気をつけている。
モノマネではうまくいかないし、わたしなりに噛み砕いて、飲み込んで、消化して、自分の色にしていかないといけないと思う。だから、いいなと思ったら、その人にアドバイスをもらったりしながら一歩駒を進めてみる。
そういう一歩を探すことが仕事だと思うし、わたしの思う大切なスタイルだ。

それから、自分で勝手に感情的になって失敗の原因になることも多々あって、そのときはしばらく落ち込んだりする。そういうときはしっかり落ち込む。同時に、どうして自分が発した何かで自分自身が落ち込む結果になったのか、きちんと振り返る努力をしてみる。
起こしてしまった失敗はどうしようもないので、次の失敗をいかに軽いものにできるか、を考える。
同じことを同じ程度に二度やってしまわないように、できるだけ反芻したそのプロセスを身に染み込ませる。
それでもやるんだけど、また。

職場に恵まれていて周囲が皆優しくてほぼ年上の先輩方で、とてもありがたい。職場での人間関係で悩んだことはこれまでの人生で頑張っても思い出せなくて、それはいつも単純にラッキーだということもできるのだけど、せっかく幸運なのだからその場所にいるあいだにできるだけ進歩したいと思う。
たとえばこれから5年後に、わたしの5年前を懐かしいと思い出して周りの人と一緒に大笑いできるくらいに。

まあ、いつも反省の嵐で疲れちゃったりもしますが…。大切なのは理想の自分を目指して気持ちを揺らしていくことだと思う。


カフェで教育論の本を読みながら、そんなことを考えつつ、成長とか進歩とか、そういうこと考えたことあんのかな?てどうしても毎回思わされる誰かさんのことを思い出して、ひとり思い出しイライラをして、自分の心の狭さ(自分のやりかたが正しいと思いたいこの偏狭さ)に辟易として、それを和らげるために美味しいケーキで一息ついてしっとりしてみる、そんな夕べ。

仕事って、人によってその意味が違うのだろうけど、あまりにも違う意味で動いている人とやってるとなんだか悲しくなるし怖い顔になっちゃう。
そこを直すことを考えてみないといけないな。
by ai_indigo | 2014-09-18 18:54 | 教員として

のこり三分の一。長い。

a0121276_14225223.jpg


出産予定日まで100日を切って、のこり三分の一くらい。

検診に通う総合病院はいつも混み合っていて、長い待ち時間で自分では一度も買っていないたまごクラブやらなんやらの出産準備雑誌を読んでます。
世の中のマタニティモデルなるものや、妊娠出産業界の女だらけのマーケティング事情に驚いたり、一方で入院準備マニュアルやら妊娠中の不安なこと相談室なんかからは役に立ちそうな情報を得たり、妊娠しなければ必要性も興味もなかったもろもろを吸収。
でもやっぱりなんとなくその世界に馴染めなくて、複数の雑誌に手を伸ばすには至らず一冊でお腹いっぱいになり持参の新書で残り時間を過ごすことに毎回落ち着くんですが。。
口直し的な。

仕事を継続させてもらっていることもあってか、とりあえずの自分のミッションが仕事を自分なりに維持向上したいということに変わりはないわけで、健康でストレスの少ない妊婦であるという点についてはいつだってサブミッション的な位置に落ち着いていて。

お腹の中の子どもとの関係、なんというか一体感とか通じ合うものを感じるというよりは、別個の人間に身体を間貸している感覚です。
わたしのすべきことは、快適な居住空間を提供すること。
妊娠して、睡眠、食欲、体調、頭の働き、すべてにおいて大きく変化してきたけれど、それは全部間借りしているお腹の中の人が、例えば壁紙を変えてくれとかお風呂を修理しろとか、そういう要求をしてきていて、それらをまるっと飲み込んであげてるような気がするのです。

先日はじめて、検診先とは別のクリニックで4D超音波による胎児の撮影をしてもらいました。
お腹の人は男性でした。待ちに待った性別判明で、画面を見ながら『男の子が住んでるのか!』と妙にリアリティが深まり。
まだ1000g程度、小さいしこれから脂肪が増えるので顔立ちはまだまだ変化するそうですが、心臓四室、各主要血管の太さのバランス、横隔膜など基本的なチェックもしてもらってどうやら元気に生きていることを確認できて、行った甲斐がありました。
逆子で、子宮はやっぱり狭いみたいだけれども。

これを書いているのは敬老の日、祖父母やだんだんと年老いてきた父母を思い出して、お腹の中の人が次の世代か…としみじみカフェで生姜サイダーを飲んでいます。

それから。自分とパートナーのハイブリッドについて思いを巡らせています。彼は立体的な我が子の写真を見て、むくむくと実感が湧いてきた様子で、にこにこ嬉しそうでした。男性には、ちょっと他人事くらいの客観性で楽しんでもらいたいような気がします。どちらかに余裕がないとね。
by ai_indigo | 2014-09-15 13:35 | 女性として(妊娠中)