<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

わたしの桜

a0121276_1293082.jpg

勝手に決めているわたしの桜。ご近所にあるいちばんのお気に入りってことです。

サクラは樹皮が美しくて、いつも実家にあったサクラを使った茶筒を思い出します。少し光沢があって、横方向に荒れた裂け目があって。
古木になるとごつごつしてきてその風情はなくなってしまうのだけど、それはそれでその年輪を感じることができます。

サクラは春の温かさではなくて、冬のどの時期にある一定程度に寒くなったかで開花時期が決まるそうです。それから、花が咲く前の枝を煮出して染物をすると桜色に、花が咲いてしまうとその色素は使われてしまっていて桜色は出ないとか。

始まりがあって終わりがあって、自然の姿を見ていると自分も節目を感じて生きたいなと思います。ただただ時が過ぎているように見えても、樹皮の下では年輪が重なって、桜色が濃くなって薄くなって。

桜を見ると、患者さんたちを思い出します。
by ai_indigo | 2014-04-02 11:58 | 徒然

PTとしてのペルソナ

a0121276_0155390.jpg

先日行った森下の桜鍋屋さんで、大きな熊手を撮影しました。素晴らしく大きく、技巧的で、あんなに立派なものは初めて見ました。

熊手は翌年の商売繁盛を願って酉の市で購入する縁起物ですが、わたしは医療職なので熊手で患者さんをかき集めるわけにはいかず…買えません。
職業柄できない、というようなことはすぐに思いつくだけでもいくつかあって、例えばネイルとか。爪はいつもかなり短く整えています。むかし会社員だったころは伸ばしてたしネイルアートもやってたし…と考えると不思議な気持ちがするくらい、いまは短くないと落ち着かなくなりました。

そういうできないんだよね職業柄、ってこと、わたしはそんなに嫌いじゃありません。それがひとつ、自分の職業を規定しているなにかのような気がするし、仕事をそういう風に少し大切にすることが、毎日の自分に何かしら変化を与えるものだと思います。

今日、インターンを控えた学生さんにお会いして職業について語ってきました。職業を選んだということは、それで生きていく自分を作り上げるということだ。そんな話を。
わたし自身まだまだ未熟ではあるけれど、ひとつペルソナを作り始めた感覚はあります。仕事をするわたしというペルソナ。どんな表情が彫られていくのか、それはわたし次第、自分次第ということなのでしょう。
by ai_indigo | 2014-04-02 00:00 | PTとして