<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ヒトデがやってきた。

a0121276_2122583.jpg

ヒトデの骨格です。人の顔くらいの大きさがあります。下北沢にある生物標本などを置いているカフェで購入しました。

そのお店はかなりマニアックに、たとえば古い博物誌のページを売っていたり、海亀の剥製があったり、昆虫関連の標本があったり、自然に関する様々なものが置かれているわけなのですが、そんなものたちに囲まれることのできるその店に入ると、自分の気持ちがとても静かに興奮します。
わー!とか、きゃー!では決してない、しかし心の奥底からワクワクドキドキしてしまう。水族館や博物館でも同じ気持ちになります。

犬や魚を飼ったり、植物をたくさん管理したり、そういうふうに暮らすのもきっと自分の居場所づくりのひとつなんだろうなと。
安心してドキドキできる、そんな場所を作りたい。
by ai_indigo | 2014-01-21 02:12 | 徒然

明けても暮れても散歩です。

a0121276_8381787.jpg


イヌと散歩するときは大抵決まった道を行くわけですが、ときどき道も決めず方向も適当に進んだりします。迷ったり行き止まりだったりすることもあるけど、それが楽しかったり。

決まった道を行く日と、決まっていない道を行く日、何が違うんだろうなとふと考えて、まずは時間に縛られているかどうかが違うんだなと気がつきました。
予定が詰まっていて事前に散歩は20分と決まってしまうと、当然それを守ることが優先されるので、散歩に伴う他の楽しみはとりあえず棚上げ。かくして散歩は義務となり、イヌは不満を持ち、わたしはその散歩を重荷と感じるようになる。
時間の制約がないと、一緒に探検している気分になって楽しくいろんな道を歩くことになる。そうすると散歩本来の役割の一つである(ような気がする)気分転換に繋がる。
単純なことですが、何が優先されるがでひとつの体験が全く違うものになるんだなと感じます。

Twitterで、どうして日本では巨大建造物が工期通り完成してヨーロッパではそうではないのかという話題をちらと見ましたが、それも同じ話なのではないでしょうか。中国で建造物の崩壊が起きた時にその中からたくさんのゴミが現れてニュースになったこともありましたが、あれも然り。

それぞれの社会が当然とするものはもちろん違うわけですが、日本では一体何が優先されているんでしょう。雪が降って電車が遅れれば責め、予定通りにモノが作られなければ怠慢だと言う。その姿勢が、同じ社会に内包されている自分自身を追い詰めることもあるんだってこと、忘れたくないですね。
by ai_indigo | 2014-01-09 08:38 | 徒然