保育ママとの契約

本日保育ママとの正式契約日でした。
契約内容の読み合わせをして押印。これで4月から子どもは昼間保育ママのお宅へ出かけて行くことになります。

なにか心配なことはありますか?と聞かれたのですが、もう十年以上この仕事をしている保育ママさんに預けるよりも、自分とふたりきりの生活のほうがよっぽど心配なわけで。誰に抱かれても、誰に哺乳瓶でミルクをもらっても、にこにこできている(そういう月齢だとも言う)ので、あんまり心配していないのが現状です。

なので、「今のところそんなに心配はないので、あとは始まってみて様子を見て、彼自身が慣れていくのに任せます。」とお伝えしました。
言ってから、生後3ヶ月で何かを任すって変な言い方だったな〜と思ったのですが、保育ママさんからは「そうやって信用してあげるって大切なことですよ。」と言われました。

ふむ。子どもの持つ何かしらの力を信じるということか。今後も心がけよう。

親以外の信頼できる大人を持つことは彼にとってきっといい体験になるだろうし、わたし自身も彼の成長を見守っていきつつ自分の人生についての努力をする時期だと思うので、春から頑張りたいと思います。とりあえずは無理せず、ペース作りから。
by ai_indigo | 2015-03-16 21:37 | 女性として(出産後、子育て)
<< 明日から 保育ママという選択肢 >>