背の高いフリージアを買った。

a0121276_0183729.jpg

ここ3年くらい、自分の足もとを見ないように生きてきた気がします。刺激的、挑戦的、忙しさ、慌ただしさ、そんな言葉で表現されるような。
その結果として、いろんな形で人間関係が拡がって、活動場所も多様化したし、職業も変わり、一言でいえば楽しい毎日が手に入って。素晴らしい時間だった。この期間に関わった人たちは間違いなく今後の私の人生の大切な人たちになっていくのだろうなという予感もあります。

そしてなんとなく、そろそろ一歩踏み出して、地に足をつけ、根を張り、新しい深みにハマるべきときがきたのかなと感じています。時間の流れにはリズムがあって、そのビートの変調を感じるような。

今日フリージアを買ったら、とても背が高くて、家にある一番大きい花瓶に生けました。素敵な花の形だったので写真におさめようとしたら背が高すぎて、床に置いて上からパチリ。そうしたら、横から見ているのとは違う、ランダムで、でも四方にひろがった形に気づきました。
視点が変わると見え方も変わる。
知らなかった素晴らしさがある。
人生もそういうものなんじゃないかなあ。
by ai_indigo | 2013-12-16 00:18 | 徒然
<< 試合もいいけど 中学校でやった高齢化社会につい... >>